レディ

フルーツをプラス

青汁にフルーツを混ぜることには、2つの大きなメリットがあります。まず一つ目は、青汁の苦味を抑えて飲みやすくしてくれる点です。二つ目は、フルーツの成分によって効能が増える点が挙げられるでしょう。

男性

痩せるために利用する

ダイエット用の飲料としても青汁は注目されています。酵素や食物繊維が豊富に含まれている青汁なら、食事の吸収をスムーズにして体に老廃物が貯まるのを防いでくれるでしょう。

味や成分で選ぶ

青汁

現在、健康食品を販売するメーカーの殆どが青汁を販売しています。青汁はケールや大葉を材料とした飲料で、高い栄養素を誇ることから人気の商品となっています。元々青汁といえば、味が苦いことで有名でした。一時期はテレビで罰ゲームの定番となっていたこともあり、苦味が強い飲み物だと考えている方も多いでしょう。しかし最近販売されている青汁の中には、味にこだわった美味しい商品も数多く存在しています。そもそも、青汁の主原料としてケールと大葉の2つを前述しましたが、この2つのどちらを原料としているかによって味は大きく変わってくるのです。一般的に苦い青汁とされる商品の多くは、ケールを原料として作られたものです。ケールはキャベツに似た形状の植物ですが、独特の苦味や青臭さはキャベツ以上に強烈となっています。しかし「良薬口に苦し」の言葉もあるように、非常に栄養価の高い植物となっています。一方、大葉はケールに比べると青臭さが薄く、抹茶のようにまろやかな飲みやすい青汁を作ることが出来ます。栄養価もケールに負けないものとなっているので、青汁初心者の方に推奨しやすい商品と言えるでしょう。

通販サイトのランキングを見ると、人気の高い青汁は前述した2種以外にも、様々な野菜や果物をミックスした商品が多く見受けられます。果物や野菜をミックスすることで、味がスッキリと飲みやすくなり、栄養価もより高くなることが理由と言えるでしょう。食物繊維やビタミンはもちろん、ダイエットで話題の酵素や乳酸菌を含んだ青汁も販売されているので、摂りたい成分をリストアップしてから青汁選びを行うことができます。栄養価の高さにビックリ仰天するのではないでしょうか。

男女

安心して使用する

栄養価が高い青汁といえども、飲み過ぎは禁物です。また、人によっては利用の前に医師の確認が必要な場合もあるので、常用薬がある方は必ず医師に相談してください。健康に悪影響を与えぬよう、確認を取ることが安心につながります。